□涼宮ハルヒの憂鬱を通じて ライトノベルと握手?

線

世の中のマニアさんに絶大の支持を得ている涼宮ハルヒが最終回を迎えマンタ、
1話の客引きッぷりは見事だったんですが、メインストーリを飛び飛びに挟む構成に、
原作未読者としてはWikiで情報保管しながらの視聴になり、
なんだか毎週同じ文句を書き連ねそうだから 終わってから考えようということで感想は横においてきますタ。

製作会社の凄まじさや、世界観なんかは今更なので置いておくとして・・・。

告白しますと実はこのアニメ、一人も萌えることができませんでした、(・A・;
あえて挙げるなら鶴屋さんかな?

ハルヒがそう望んだからなのか、SOS団のメンバーはステレオタイプすぎて入り込めず
(特に小泉なんかはまったく同じ喋り方&仕草をするやつが一杯いるようなぁ)

今までにないタイプのキャラクターである涼宮ハルヒも、
人に優しく協調性大事で生きてきたオイラ的には
到底受け入れられるタイプではなく、目に余る行動力に辟易してしまいます。

野球場の大勢の人を見て大多数の中の一人であると自覚するというような思春期に誰しも経験する
世界の中心の崩壊なんかは、普通はもう少し人を成長させる物ですが、
どうもこのハルヒさんの精神状態はこの頃からまるで成長してないみたいですね、

振り返ればライブアライブで人に褒められるのが苦手だったりするところや、
不機嫌になると人を振り回したりする行動なんかは思いっきり第二期反抗期の子供ですよね(^A^;

最終話で全てを無しにしてしまう神人に本能的にか親近感まで覚えてしまっている
ハルヒちゃんは、なにもかもドウでもよくなって家に火を放っちゃったりする
若年犯罪者の一歩手前の心理状態なんじゃないかとさえ思えます。

これから先のキョン君の苦労が目に浮かびますな...(ノД`)

☆ ☆ ☆

言いたいことを言いまくってしまいましたが、一つ不思議なことがありまして・・・
よくよく考えてみるとオイラはステレオタイプのキャラが大好きなはずなんですよね...、

普通にいったらキョン妹や、みくるちゃん辺りには引っかかっても良さそうなんですが
どうも気持ちに障壁がある、最初は売れてることへのアンチ心かと思ってたんですが

どうやら真の原因は活字媒体にあるようなんです、つまり活字で表現されてるキャラクターに
イラストの外見以上に内面に高いハードルを設けちゃっている。

今までも半分の月...や、灼眼のシャナ、死神のバラット等のライトノベル系は辛口でしたが、
作っている人たちが最初から『ライト』に読めるノベルなんですよと言って送り出している物に
頭のどこかで純文学の大作並みの人間描写を期待してしまっているようなんです、

そして少女文庫の「マリア様がみてる」を読むときは全く垣根がないことを考えると
オイラの中ではまだ『ライトノベル』って言うジャンルが
気持ちの上でちゃんと確立されてなかった...ということみたいなんですよね...

つまり・・・

ぁあ・・・ オイラ側に問題があったんかぁ・・・(・ω・`) 

という結論に達してしました、オイラには このアニメを楽しむ土壌が出来上がってなかったみたいです・・・

コレがオールドタイプって言うことなのかなぁ... 教えてくれぇ ライラぁ〜! Orz

wikiを見る感じでは、まだ出てきてないキャラもいるようだし
これを機会にライトノベルを読んでみるのもいいかもしれません、

ラノベ原作のアニメの見かたも少し変えていこうとも思いますデスヨ。





しっかし こんなに書いたのは初めてだなぁ・・・誰も読んでくれんゾナ(^^;

総合評価不能〜☆

コメント
 読みマスタよ(^^)
 私もハルヒの記事は辛口でした。
 てか、途中からシラけてしまい、どうでも良くなって、流して観ていた作品なんですけど・・・。
 一部の熱烈なファンからは、上から目線でバカにされましたけど、このアニメは意見が分かれる作品だと思います。
>意見が分かれる作品だと・・・

賛否を分かつと アニメファン的には8割の賛同と2割の...
って所でしょうかネェ...。

ビバっ! マイノリティー!! ヾ(´Д⊂
  • しを。
  • 2006/07/07 6:33 AM
ハルヒね〜♪
確かにものすごい人気ですよねぇ〜
どちらかというとぼくも「そんなに面白いかな」的な疑問を抱きながら見てましたね〜
まぁ、ぼくの場合、しをさんみたいに難しい事は考えてなかったですが(汗
強烈な個性のキャラさえ居ればアニメって売れたりするんだなぁとか思ってましたよ〜
  • 紅葉
  • 2006/07/08 2:31 PM
>強烈な個性のキャラ

この辺の要素が難しいですネ、
お祭り騒ぎレベルになるには 
他にも要因があるのかなぁ〜(・ω・
  • しを。
  • 2006/07/09 10:28 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「賛否両論のアニメでしたね」 「東京MXTVが、1回だけゴールデンで放送したのにはビックリ」
  • 少年カルコグラフィー
  • 2006/07/07 12:19 AM
 7月3日、鉄道仲間の自宅へ初めて伺った。  帰りは一人だったが、初めての土地のならい(?)として、迷った。  目的の列車に乗れず、書店に立ち寄った。  「メガミマガジン」、表紙は『涼宮ハルヒの憂鬱』。中に監督のインタビューが載っており、手にとって立ち読
  • 銀河後悔日誌
  • 2006/07/08 4:43 PM
時空改変は、長門有希の蓄積されたバグにより引き起こされた事故。 ~涼宮ハルヒの消失より~ 古泉が表した図によると、改変される前の時間軸?時点と改変された時間軸X’時点が2種類存在し、 X時点がX'時点により時間的に重なり、上書きされている状態とのこと。 改変さ
  • 涼宮ハルヒの分析
  • 2006/08/18 7:33 PM
有機生命体対人間用ヒューマノイドインターフェイスが朝倉涼子に対し発した「呪文」のようなものであるが、その現実でいうところのRDB用のSQLは下記のようなところである。 「SELECT シリアルコード FROM データベース WHERE コードデータ ORDER BY 功性情報戦闘 HAVING
  • 涼宮ハルヒの分析
  • 2006/08/19 1:33 PM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
しを堂リンクバナー
☆しを堂TOP 過去画像とか

Circle.ms
イベント情報とか


冬コミ新刊




pop
pop




↓委託販売↓
メロンブックス

RECOMMEND

アマゾンチョイス、家のサイトに
合わせてくれてるらしい物




LINKS

すわみさおの南遣艦隊司令部 てるてる・ているず パズライズ日記

selected entries

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM